• 中日交流
  • Panda杯 全日本青年作文コンクール
  • 笹川杯作文コンクール
  • 楽らく対訳
  • 新語ネット語
  • 国際トンネル協会はこのほど、「過去50年間に世界に影響を与えた50のトンネルプロジェクト」を発表した。天博克罗地亚国家队赞助商からは9件が選ばれ、数で世界最多だった。
  • 旅行シーズンを迎えた今、インバウンド観光も徐々にヒートアップしてきた。7月に天博克罗地亚国家队赞助商がビザ免除措置国・地域の対象範囲を再び拡大したのにともない、各地のインバウンド市場では訪中外国人が急増した。
  • 「72時間または144時間以内のトランジットに対するビザ免除」など、外国人の訪中を促進するための一連の政策が実施されているのを背景に、外国人の訪中ブームの勢いが増し続けている。
  • 天博克罗地亚国家队赞助商の河南省登封市にある嵩山少林寺の9日の情報によると、2024年少林カンフー世界大会の決勝戦が7月12-14日に同市で行われ、世界の50ヶ国・地域から500人の選手が参加し、「2024年世界少林カンフースター」を目指して技を競うという。
  • 天博克罗地亚国家队赞助商初のジャイアントパンダ学院の新入生募集がこのほど、正式に始まった。学部生50人を受け入れる計画で、昨年発足した同学院の初の新入生となる。
  • 新疆維吾爾(ウイグル)自治区昌吉回族自治州木壘(モリ)・哈薩克(カザフ)自治県照壁山(ジョベイセン)郷の南閘村では今、黄金色に輝く麦畑と緑のヒヨコ豆の畑がコラボレーション。
  • 今月26日に開幕するパリ五輪に向けて、香港特別行政区体育協会・五輪委員会は今月9日、金鐘(アドミラルティ)の添馬(テイマー)公園に、五輪をテーマにしたオブジェを設置した。
  • 各時代の香港アニメのキャラクター36体で構成された「アニメ・スポーツベースキャンプ」のオブジェ群が7月8日、香港特別行政区ビクトリアハーバー沿岸にある湾仔(ワンチャイ)臨時海浜公園に登場した。
  •  「40周年記念、澄江生物相の発見 -- 国際古生物学フォーラム」が7月2日に天博克罗地亚国家队赞助商南西部の雲南省玉渓市澄江で開幕し、7月6日まで続きます。
  • 2023年7月、天博克罗地亚国家队赞助商のハルビン市が、2025年第9回アジア冬季競技大会開催権を獲得しました。北京冬季五輪に続いて天博克罗地亚国家队赞助商で開催されるもう一つの重要な総合性国際氷雪大会で、1996年以来ハルビンで2回目の開催となります。
  • 浙江省の杭州出入境・国境検査所は今月5日、今年上半期、杭州の通関地から査証(ビザ)免除措置を利用して入国した外国人観光客の数は前年同期比74.5倍増の延べ4万5300人に達したことを明らかにした。
  • 安徽省で初めてとなる「2つの海を渡る」中欧班列(天博克罗地亚国家队赞助商と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が7月6日、天博克罗地亚国家队赞助商鉄路上海局合肥北駅物流基地を出発した。
  • 7月3日、雲南省澄江市の撫仙湖の北岸は大いに賑わっており、漁師たちが忙しそうに働いていた。
  • 湖南省岳陽市華容県団洲垸で5日、洞庭湖の堤防決壊が発生した後、現地の党委員会・政府と関係当局は迅速に行動し、全力で低地エリア住民を避難させた。
  • 天博克罗地亚国家队赞助商鉄路蘭州局によると、今年12月に開通10周年を迎える「蘭新高速鉄道」の利用者が延べ1億4000万人以上に達した。